電話する

 墓石について

当霊でご購入いただける墓石や施工法などについてご紹介します

本ページでお伝えさせて頂く内容

墓石の事例紹介

当霊園でご購入頂ける墓石の一例をご紹介します。
期間・料金・お申込み方法など詳しい内容に関しましては 管理事務所までお問い合わせください。

分譲地について

「墓石ができるまでアルバム」※墓石工事記録について

工事に立ち合えない方に大好評の施工写真「墓石ができるまでアルバム」
当店は,「工事にどうしても立ち合えないけど,様子を見たい」「工事の記録を残しておきたい」というお客様の声を反映し,引渡時に施工写真をお渡しさせていただいております。墓石建立工事の一連の流れをアルバムに残しており,大変ご好評いただいております。

よくあるご質問

Q:お墓を建てる時期は?
  • A:お墓を建てる時期は特に決まりはありませんので、いつ建ててもいいというのが答えです。一般的には百か日、一周忌などの命日(忌日)にあわせてというケース、あるいは春秋のお彼岸やお盆などの行事にあわせてという場合が多いようです。また、最近では寿陵といって、生前にお墓を建てる人も増えています。
Q:お墓のローンは組めるの?
  • 当霊園で取り扱う建墓ローンは、建墓工事費用のみならず、永代使用料も含まれた総額をローンにてご利用頂けます。
Q:お墓を建てるときに必要な手続きは?
  • 生前にお墓を建てるときには墓地の契約や管理規定などのほかに特別な許可等は要しませんが、実際に納骨をされるときには火葬許可証が必要になります。 お墓に納骨をする際には、死亡届を提出した市町村役場で交付される火葬許可が必要です。許可証に火葬済との認印を受けたものです。 この許可証を当園に提出することで、ご納骨が可能になります。

墓地・墓石工事の流れ

① 工事の内容・金額・彫刻・文字に関するものを決定します。
② 墓石等に彫刻をする文字や家紋・書体・戒名など、間違いがないかをご確認いただき、作業に入ります。
③ 墓所工事が完成したら、ご確認いただきます。
※完成までの期間については、型・種類・時期によって期間は様々です。

耐震施工

耐震施工①
【石材専用ステンレス製L型耐震金具】について

目地コーキング
石材と石材の接合部分は全てコーキング仕上げです。
従来のセメント仕上げでは、石材との剥離が問題でした。
コーキング仕上げは耐震・耐衝撃・耐候に優れ外観もセメント仕上げよりきれいな仕上りとなります。

  • 耐震ボンドと併用して使用するのが、ステンレス製のL型耐震金具です。 地震でお墓の外柵や納骨室がずれることのないように、石材に穴を開けて、 L型のステンレス製金具をボルトで締め、固定していきます。 墓石と外柵に使われる 石と石を 頑丈に補強します。

耐震施工②
【石材専用ステンレス製耐震芯棒】
墓石の竿石・上台・中台まで穴を貫通させ、長い1本のステンレス製耐震芯棒を入れ固定させます。

基礎からお墓を守る耐震施工は手間が掛かり、墓所が完成すると見えなくなってしまう箇所ですが、この見えない所の施工をしっかりするということが、お墓創りで一番大事な工事工程のひとつです。

お墓・墓石に刻む言葉

お墓・墓石に刻む言葉には様々なものがあります。
墓石に彫り込む文字はお墓の顔です。彫刻により墓石の印象が決まります。
一般的には、「○○家」と言ったような形や「南無阿弥陀沸」・「南妙法蓮華経」と言った宗派によって文字を刻みます。
家名や宗派にとらわれず、故人の個性を表した文字や、故人が好んでいた言葉などを入れる方も多いようですが、そのお墓を家族で入ったり、子孫が承継することが分かっている場合は、周囲の人にもよく相談して、よく考えてから決めましょう。

デザイン彫刻・オプションについて

墓石にメッセージを彫ることができます。
故人に感謝の気持ちを込めたい、「ありがとう」と伝えたいなど
墓石にメッセージを彫ることができます。
・故人のイメージや価値観に合ったお墓にしてあげたい。
・明るく華やかなイメージのお墓が良い
・故人が好きだったもの、言葉などを形にしたい。

→詳しくはこちらのページをご覧ください