電話する

 お知らせ

飼っている動物を捨てることは犯罪です2017/10/21 掲載

古瀬間の墓地公園に、犬や猫を置いて立ち去ってしまう心無い飼い主がいます (>_<)

 

“きっと誰かに拾われるかもしれない…” そう信じようとしているかもしれませんが、

現実は甘くありません。

 

人に飼われていた動物は、食べ物のとり方や身の守り方を知りません。

 

捨てられた動物の行く末は、空腹や寒さで衰弱死するか、

カラスなどにつつかれて死んでしまう。

交通事故に遭い、命を落としてしまう。

それが現実です。

 

捨てることは、飼っていた動物に多大な苦痛を与える犯罪です。

 

飼い主の身勝手で哀しい結果にならないよう、

飼い始める前に彼らと幸せに暮らせるかを熟考し、

【大切に最期まで飼うという、飼い主としてあたりまえの責任を果たす】

今、改めて飼い主ひとりひとりの自覚と行動が求められています。

 

【動物の愛護及び管理に関する法律】

飼っている動物を破棄することは禁止されています。

違反すると最大50万円の罰金がかせられます。

 

 お知らせ一覧