電話する

 開眼法要

開眼法要と納骨を同じ日に行う寺院様もあれば、別々の日にされる寺院様もあります。
日程や準備しなければならない物など、寺院様へ直接お聞きいただく事が一番です。
日程が決定されましたら、当園へご連絡ください。

開眼法要(魂入れ)とは?

  • お墓は建てただけではただの石の塊にすぎません。
    開眼法要によって仏の魂を迎え入れることによって、初めて礼拝の対象である石塔となり、お墓として意味を持ち、
    お墓参りすることで供養ができるようになります。
    開眼法要は宗派や地域によって「魂入れ」など呼称が変わります。

    お墓参りすることで供養ができるようになります。
    ご納骨と同時に行われる場合もありますが、時期についての決まりはありません。
    ご納骨と同時に行えないときは、年忌法要やお彼岸、お盆などの時期に行うこともあります。
    また、寿陵(生前に建てるお墓)の場合もお墓が完成した時点で開眼法要を行う場合もあります。
    (浄土真宗では、本尊などに魂をこめるという概念がないため
    建碑法要(けんぴほうよう)といわれます)

    「お墓の魂入れ」について、お墓に関する事は初めてという方からよくご質問を頂きます。その一例がこちらです。

「魂入れ」ってどんな時に行うの?

お墓を新しく建てたときや、お墓を改葬(リフォーム)した際に行います。具体的には以下のような場合です。
 
・新しいお墓の建立(開眼法要) ※併せて納骨をすることも多いです。
・今あるお墓(石塔)への戒名・法名の追加彫刻後
・改葬
など

魂入れ後は、お墓を動かしたり彫刻したりはできません。その必要があるときは「魂抜き」を行った後、工事できるようになります。

~菩提寺のない方~

当園で寺院の手配いたします
 
例)
・生前にお墓を建てたので開眼法要したい
・郷土より改葬(お骨の引越し)してきたので納骨したい 等

詳細は管理事務所へお尋ねください