電話する

 ご法要(回忌)について

ご法要とは

法事と法要について、一般に、私たちは「法事」と言っていますが、
厳密に言いますと、住職にお経をあげてもらうことを「法要」といい、法要と後席の食事も含めた行事を「法事」と呼びます。
「初七日」とか「四十九日」「一周忌」というのは故人が亡くなったあとに行う重要な法要です。
そもそも法要とは、仏になった故人を供養するという意味なので、追善供養ともいいます。
法要は故人を偲び、冥福を祈るために営むものです。
冥福とは、冥途の幸福のことで、故人があの世でよい報いを受けてもらうために、この世に残された者が供養をします。
また法要は、故人が設けてくれた人と人とのご縁、「この人がいたから自分がいる」というつながりを再確認し、故人への感謝の思いを新たに、自分自身を見つめ直す場でもあります。 一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

【御法要はたとえ百日千日早くとも一日も遅れる事なかれ】
※故人へ気持ちをお伝えするため、故人の年回忌を管理事務所でお調べ致します。

ご回忌供養について

<仏式の場合>
 
回忌法要とは、一般的に法事と呼ばれているものです。

亡くなった翌年が一周忌、その翌年が三回忌です。
七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌……と続いていきます。
一般的には三十三回忌で弔い上げ区切りとなります。
(死者は33年目には極楽浄土へ行くと言われています)
以降、三十七回忌、五十回忌、百回忌がありますが、
一般的には三十三回忌で終わる場合が多いとされています。

寺院の手配

妙昌寺霊園では様々な宗旨宗派の寺院手配を行っております。

詳細はこちらをご覧ください